屋内のタマミジンコ、こんな感じで増やしています

このページでは【屋内でのタマミジンコ繁殖】を紹介していきます。

種親の分だけを培養

私はメダカの種親を屋内で管理しています。環境的には屋外が良いと思いますが、猫の被害が後を絶たないためです。

そのため、屋内のタマミジンコは種親への給仕が目的となります。屋外のタマミジンコを掬ってきてもいのですが、めんどくさがりなので・・・

タマミジンコを与えていると、ムキムキ大きくなります。弊害として粉エサを食べなくなりました。

容器は3種類

屋内はスペースがないのと、10匹以下の種親しかいないので、タマミジンコも小さな容器で繁殖させています。

  • コレクションボックス
  • 2Lタッパー
  • NVボックス13

使っているのはこのくらいです。

コチラはコレクションボックス。100円均一で売っています。

コチラはNVボックス13。カインズホームで買ってきました。

小さいので持ち運びは簡単ですが、エサの管理が難しくすぐに飼育水を汚してしまいます。

汚れやすいので毎回リセット

小さい容器の場合、半分の水換えなどはせず、毎回リセットです。容器が小さいので、それほど手間ではありません。

 

 

1ヶ月間でタマミジンコを60万匹ほど販売しました。その方法はコチラ▼

繁殖&販売のノウハウ

 

© 2022 トス屋めだか Powered by AFFINGER5